かつらで薄毛をバックスペース~髪が一気にフサフサに~

女性

ケアの方法

かつらの傷み方

男性

かつらは、普通の髪と違って、痛み方が全く違います。なぜなら、かつらはベース部分からほとんど傷んでいることが多いからです。そのため、長い間使用していると、ベースの部分がボロボロになるのです。また、かつらの人工毛に抜け毛や切れ毛などが発生します。ケアの仕方は、洗髪の仕方に注意が必要です。例えば、使用するシャンプー剤の刺激を弱いものにすることが大切です。洗髪をする時は、かつらメーカーや美容室が使っているシャンプーで洗うようにしましょう。また、洗う時は爪で強くこすりながら洗うのではなく、指の腹を使って頭皮のマッサージをするかのように優しく洗うようにすることが大切です。

かつらの縮れ

かつらに使われている人工毛は痛み出すと縮れがおきます。しかし、その原因は化学繊維にあるのです。化学繊維は、摩擦や静電気に非常に弱いので、普段の日常を送っていても、傷みやすくなるのです。また、くしをつかってかつらの人工毛をとこうとしても絡まりやすくなります。その時に、強引に引っ張ってしまうと縮れがおきてしまうのです。かつらのケアをするには、静電気を起こしてはいけません。特に冬場はその静電気が起きやすくなるので、静電気防止ブラシでとかし、洋服には静電気防止スプレーをかけるようにすることが大切です。お風呂に入る時に濡れた場合は、タオルで水滴をとるかのように優しく拭くようにしましょう。かつらの人工毛が一度でも縮れると、どんなにくしでといても戻すことが出来ません。